IKEAの魅力について

IKEAは、スウェーデン発祥の世界最大級の家具量販店です。

世界中に店舗を持ち、他店に類を見ない低価格と高いデザイン性、そしてアフターサービスの充実により、今やIKEAのブランド名は世界中で定着しています。郊外の大規模な敷地を存分に使った「イケアストア」と呼ばれる巨大店舗はどこも高い人気を誇り、ロシアに進出が決まった時にはドキュメンタリー映画も発表されています。

店内は、「イケア商品を使ったテーマ別のモデルルームエリア」「収納やテーブル、小物など商品別のエリア」「組み立て家具の倉庫エリア」「レストラン、ビストロ等の飲食エリア」「託児施設を備えたエリア」に分かれています。そして、IKEAの商品の購入手順は、日本の家具屋とは大きく異なるのが特徴です。まず、「イケア商品を使ったテーマ別のモデルルームエリア」で、自分の希望する商品のイメージをつかみ、商品番号をメモしていきます。

そして「組み立て家具の倉庫エリア」から、メモに記した希望商品を選び出し、レジで決済をします。大物で持ち帰りが困難な場合は、商品をレジに通した後で配送窓口で依頼します。全ての家具は「組み立て家具の倉庫エリア」に、段ボールに梱包した状態で積み上げられています。全て「組立家具」となり、六角レンチを使って自身で組立設置を行います。

日本の家具店はすべからく、店舗スタッフが購入者の自宅まで家具を運び、組立設置サービスを施すのが常識となっているので、IKEAのこのスタイルが日本に受け入れられるまでには長い年月がかかりました。実際、1974年に関東と関西に進出を試みたものの、一旦撤退しています。しかし、その後日本には空前のDIYブームが訪れ、2001年に日本に再進出した後は、多くの若い世代の心をつかむことになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *