IKEAで商品を選ぶときのシステムと値札の見方

IKEAに行ってこれまでの日本の家具店との大きな違いが感じられるのがショールームがある所です。

ショールームのエリアを順番に見て回れるように順路が設定されているのですが、それぞれのエリアごとにシリーズ化された家具などで実際の部屋の中のようにレイアウトが施されているので、この家具を買ったらどんな部屋が出来上がるのかとイメージを思い描きやすいのが特徴です。各部屋ごとに置かれた家具や小物の様子を自宅でどんなふうに使いたいかを思い浮かべながら買いたい商品をチェックしてゆくようにします。

モデルルームでは故意に汚したりするのは論外ですが、実際に展示されているモデルルームの中で家具や小物にも手を触れる事が出来ます。ソファなどは自分で座ってみて初めてその座り心地の良さや生地の肌触りなどをチェックできるので、お目当ての商品があったら積極的にためしてみましょう。そして気になる商品は専用のメモやメジャーなどが用意されているので型番をチェックしておくようにして、その後にチェックしておいた商品番号を見ながら倉庫の中から自分のお目当ての商品を取り出して支払レジに進むというスタイルです。

そして商品を選ぶときに是非チェックしたいのが値札の色です。IKEAの商品についている値札は大きく分けると5種類に分かれています。まずは青色の値札は、その商品が新商品だと言う事を表しています。黄色はその商品と類似商品の中で最安値の商品だという意味です。

赤色の値札は期間限定の値下げ商品で、黒色の値札は人気商品のために大量生産が可能となったお買い得な定番商品であることを表しています。そしてIKEAfamilyの値札はその内容の通りIKEAfamilyの会員限定価格の商品です。IKEAでは商品についている値札を見れば一目でわかりやすいようにこのように分けられているので、商品を選ぶ際に目安にすると便利に活用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *