IKEAの販売と通販のスタイル

ヨーロッパを中心として、ロシア、北米、アジアで広く家具を大型店舗で販売する量販店にIKEA(イケア)がありますが、現在IKEAはオランダに本社機能を持ち、発祥はスウェーデンで、現在は世界の多くの都市に出店しています。

IKEAは低価格の家具と生活家電を主に展開しており、食品やキッチン用品など多くのアイテムを店舗及び通販にて販売しています。従来、家具は生活に必要なアイテムと考えられていましたが、現在はシステム収納やウォークインクローゼットなど、スペースを活かした収納機能が主流であり、大型家具は場所を取り、地震の際には転倒の懸念もあるため、家具の販売が厳しくなる中、コストとデザインなどを重視した製品に特化して販売しています。

日本でのイケアの店舗は東京、福岡、神戸、宮城、熊本などで展開しており、今後の出店も14店舗計画しています。店舗とは別にインターネットカタログでの通販を行っており、価格をお値打ちにする様々な工夫がされています。

IKEAは基本的には店舗で購入するスタイルが主流であるため、大きな店舗で順路を設け、販売にエンターテーメントの側面を設けた、展示販サンプルを配置し、大型家具は消費者が倉庫から自身でレジブースに持ち込み、自宅で組み立ても行うことが前提となります。

オンライン通販では、WEBカタログから好みの商品を選択し、注文後に決済を済ませると自宅に送られてきます。この場合も自身で組み立てることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です